WiMAXのテキスト

WiMAXのWX04とW05のスペックや料金プランを比較

2018年1月19日からWiMAXの最新ルーターW05の発売が開始されました。

前機種であるW04から11ヶ月が経過しての新機種ということになります。

対して、NECのWXシリーズはWX04が発売されたばかりなので、これからWiMAXの新規契約や乗り換えを考えているという方は、WX04かW05のどちらかの機種を選んで契約するということになります。

WX04が3年プラン限定で発売されたことを見て、ある程度は予想していましたが、W05も基本的には3年プラン限定で取り扱っているプロバイダが多くなっています。

3年契約となると、ある程度の契約期間があるので、後悔しないように端末を選ぶことが大切です。

このページでは、WX04とW05をあらゆる角度で比較し、検証しています。

端末選びの参考にしてください。

WX04とW05をスペックで比較する

  WX04 W05
最大速度 440Mbps 708Mbps
最大通信時間 13時間 9時間
サイズ H111×W62×D13.3mm W130×H55×D12.6mm
重量 128g  131g
4G LTE
Bluetooth
WiFiお引越し ×

最大通信速度はW05が速い

WiMAXルーターのポイントである通信速度ですが、ここではW05が大幅に上回っています。

ただ、これには注意点があって、WiMAX2+だけで考えると通信速度はWX04もW05も同じ440Mbpsの通信速度です。

ここに、オプションとして用意されているLTE通信をプラスする、ハイスピードプラスエリアモードを使えば、W05は708Mbpsという速度で通信できます。

LTEオプションをプラスしなければ、最大通信速度はWX04もW05も同じ速度ということですね。

また、708Mbpsの通信速度は、現在東名阪と一部のエリアのみ以外は対応していないので、日本全国どこでも708Mbpsの通信ができるという訳ではありません。

対応エリアは今後拡大していく予定になっているので、いずれ全国で利用できるようになるでしょう。

LTEオプションは、2年プランで契約すると月額1,005円の有料オプションですが、3年プランで契約すると毎月無料で利用することができます。

とにかく通信速度が速い方が良いという方は、迷わず最新のW05を3年プランで契約するのがおすすめです。

小型軽量でバッテリー持ちが良いWX04

最大通信速度では、最新の通信方式を搭載しているW05が優勢でしたが、WX04には本体が小さく、W05よりも軽量という特徴が挙げられます。

特にバッテリーの持続時間が長く、連続通信時間ではW05に比べて4時間も長く通信できるということになります。

自宅で利用する分にはバッテリーが気になる事はありませんが、やはり外出時にバッテリー持ちが良いのは、モバイルルーターには欠かせないポイントです。

13時間の連続通信時間があれば、自宅を出てから帰宅するまで、ほぼ充電をする事なく使い続けることが可能です。

国産ルーターであるWXシリーズが根強く人気なのは、こうしたモバイルルーターとしての基本性能が良いからでしょう。

WX04は、LTEオプションを利用しても、通信速度が向上する訳ではありませんが、WiMAX2+の電波が届きにくい場所でも、LTE回線で通信することができます。

WX04は3年プラン限定販売なので、標準でLTE通信が無料で使えますが、速度が向上しなくても決して無駄という訳ではありません。

ワンタイムHS+AとWiFiお引越し

WX04とW05に搭載されている独自の機能として、以下の機能があります。

  • WX04 : ワンタイムHS+A
  • W05 : WiFiお引越し

WX04のワンタイムHS +A

WX04のみに搭載されているワンタイムHS+Aは、『ワンタッチでハイスピードプラスエリアモードを切り替える機能』です。

WiMAX2+は月の通信量に制限がない回線ですが、LTE回線は月に7GBまでの通信制限が設けられています。

そのため、ずっとONにして利用するというより、要所要所でON/OFFを切り替えるという使い方ができた方が便利です。

WX04には、そのために細かく通信モードを切り替える便利な機能が搭載されています。

W05のWiFiお引越し

W05のWiFiお引越しは、これまで使っていたWiFiルーターのSSIDやパスワードなどの設定を簡単に引き継ぐことのできる機能です。

移行するルーターと接続して設定をコピーしてくれるので、ルーターをW05に新調しても、スマホやパソコンの設定を変更する必要がなく、そのまま利用することができます。

W05から搭載された新機能ですが、正直ワンタイムHS+Aほど使える機能だとは思えませんでした。

クレードルはWX04が強力

WiMAXルーターをセットして使う別売りのクレードルは、W05のものも用意されていますが、WX04のクレードルの方が強力です。

クレードルの機能としては

  • 充電ステーション
  • 有線LANポート

という基本機能が付いていますが、WX04のクレードルは、これに加えて、WiFiの拡張という機能が付いています。

モバイルルーターは、通常のホームルーターに比べて、WiFiの届く範囲が狭いものなのですが、WX04はクレードルによってその弱点を補うことができます。

WX04とクレードルをセットで購入すると、家の隅々までWiFiが届きやすくなるでしょう。

WX04とW05を料金で比較する

プロバイダ W05
2年プラン
WX04・W05
3年プラン
Broad WiMAX 総額
128,301円
実質月額
3,563円
GMOとくとくBB 総額
73,350円
実質月額
3,056円
総額
123,506円
実質月額
3,430円
So-net 総額
125,107円
実質月額
3,475円
Biglobe 総額
125,625円
実質月額
3,489円
UQ WiMAX 総額
152,628円
実質月額
4,239円

WX04とW05の各プロバイダの料金は上の表のようになります。

WX04は2年プランでの販売がないので、3年プランのみでの契約になります。

W05は、GMOとくとくBBのみ、2年プランでの申し込みが可能です。

WX04・W05ともに、機種代金は無料になっているので、料金を比較するポイントとしては、LTEオプションが必要かどうかという点になってきます。

LTEオプションを使うならBroad WiMAXでW05がおすすめ

LTEオプションを使うなら、毎月1,005円必要なオプション代金が無料になる3年プランがおすすめです。

そして、3年プランで申し込むなら、最新機種であるW05を選ぶのが良いでしょう。

Broad WiMAXは、他のプロバイダのように高額なキャッシュバックはありませんが、月額料金が大幅に割引されるプロバイダです。

また、月額料金の割引はあっても、24ヶ月を過ぎると割引が無くなってしまうプロバイダも多い中、Broad WiMAXは3年間ずっと割引されます。

キャッシュバックの受け取り手続きなども必要なく、確実に利用料金を抑えることのできるプロバイダなので、3年プランで申し込んでも後悔することはないでしょう。

最新のW05をLTEオプションが無料の3年プランで契約するには、Broad WiMAX公式サイトからお申し込みして下さい。

LTEオプションが不要ならW05をGMOとくとくBBで

LTEオプションを利用する予定がないという場合は、2年契約のプランの方が契約期間が短いので、GMOとくとくBBでW05を申し込むのがおすすめです。

LTEオプションを利用しないなら3年プランを契約するメリットはありません。

WX04は2年プランで申し込むことができないので、この場合も最新機種であるW05がおすすめです。

GMOとくとくBBは、WiMAXの申し込みで高額なキャッシュバックがもらえるプロバイダです。

月額料金はBroad WiMAXのように安くはありませんが、キャッシュバックを含めた総額を考えれば、とてもお得なプロバイダです。

ただし、キャッシュバックはすぐにもらえる訳ではなく、契約から11ヶ月後にキャッシュバックの受け取り手続きを行う必要があるという点に注意が必要です。

3年契約は長すぎるけれど、最新の端末が使いたいという方は、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンのページからお申し込みしましょう。