WiMAXのテキスト

So-net WiMAXはどんなプロバイダ?特徴や料金・キャンペーンの内容を解説

So-net WiMAXとは?

So-net WiMAXは、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するWiMAXのプロバイダです。

WiMAXのプロバイダとしては老舗で早くからWiMAXの取り扱いを開始しているので、過去に契約したことがあるというユーザーも多いかもしれません。

So-net WiMAXは、Broad WiMAXやGMOとくとくBBに次いでお得なプロバイダなので、WiMAXの申し込み先には、十分選択肢に入れて良いプロバイダです。

ここではSo-net WiMAXの特徴や、料金・キャンペーンの内容など、詳しく解説したいと思います。

So-net WiMAXの料金プラン

So-net WiMAXの料金プランには、月の通信量が7GBまでのプランと、月の通信量が無制限のギガ放題プランがあります。

さらに、LTEオプションが無料になる3年プランがあるので、料金プランは全部で4種類あるということになります。

料金プラン 1-2ヶ月目 3-24ヶ月目 25ヶ月以降
7GB (2年) 2,480円 3,280円 3,495円
ギガ放題 (2年) 2,480円 3,280円 4,179円
7GB (3年) 2,480円 3,280円 3,495円
ギガ放題 (3年) 2,480円 3,280円 4,179円

Flat ツープラス 7GBプラン

So-net WiMAXのFlatツープラスは、WiMAXの通信が月に7GBまでは高速通信ができて、7GBを越えると、速度制限がかかり、200Kbpsの低速通信になってしまいます。

WiMAXは、大容量の高速通信が魅力のモバイルデータ通信サービスなので、WiMAXの申し込みは、月の通信容量が無制限のギガ放題プランで申し込むのがおすすめです。

So-net WiMAXの場合は、2年プランでみると、7GBとギガ放題に料金の差がないので、7GBプランを選ぶメリットはほぼありません。

Flat ツープラス ギガ放題プラン

Flat ツープラス ギガ放題プランは、毎月の通信量が無制限で、高速通信が楽しめるプランです。

ただし、他のWiMAXプロバイダと同じく、3日で10GBの通信を越えると、速度制限がかかってしまいます。

その速度制限も、10GBを超えた翌日の18:00 – 2:00まで1Mbps程度に制限されるだけなので、制限を受けた状態でも動画の視聴などは問題なく可能です。

速度制限があると言っても、他のモバイルルーターや格安SIMに比べると、とてもゆるい制限なので、ギガ放題プランは実質的にほぼ使い放題と言って良いでしょう。

So-net WiMAXでは、このギガ放題プランがUQ WiMAXよりも1,000円ほど安くなっていますが、ここに+200円のSo-net 会員費が必要なので、月額料金でみると、Broad WiMAXの方がお得です。

LTEオプションが無料になる3年プラン

WiMAXプロバイダの中には、LTEが無料になる3年契約のプランを取り扱っていないプロバイダもありますが、So-net WiMAXはしっかり3年プランに対応しています。

3年プランは7GBプランでも、ギガ放題プランでも選ぶことができますが、ここでもやはり2年間の月額料金がほぼ変わらないため、ギガ放題プランでの申し込みがおすすめです。

3年プランになると、月額1,005円必要なau 4G LTEの回線で通信できるオプションが3年間無料になります。

また、最新機種のWX04は3年プラン限定で販売されている機種なので、WX04を使えるというメリットもあります。

au スマートバリュー

So-net WiMAXは、WiMAXを契約すればauスマホの料金が割引される、auスマートバリューに対応しています。

契約しているauスマホの料金プランによって、毎月500円から1,000円の割引を受けることができます。

月額料金が最安値のBroad WiMAXでは、auスマートバリューを利用するユーザーは、割引の対象外になってしまいますが、So-net WiMAXでは、割引された月額料金からさらにauスマートバリューの割引を受けることができるので、auユーザーにはとてもおすすめです。

auスマートバリュー対応のSo-net WiMAXで申し込む

So-net WiMAXの取り扱い端末

WX03

WX03は、現在販売されているWX04の前機種に当たる端末です。

WiMAX2+の通信に対応していますが、LTE通信には対応していないので、LTEオプションは使えません。

そのため、他の端末と違い2年契約のプラン限定で販売されています。

LTEオプションに対応していなくても、下り最大440Mbpsの通信ができるので、WX04と大きな機能の違いはありません。

So-net WiMAXでは、WX03限定の特別キャンペーンも行なっているので、最新機種にこだわらないという方は、在庫がなくなる前に申し込むのも良いでしょう。

So-net WiMAXのWX03限定キャンペーンをみる

W04

W04はHuawei製のWiMAXルーターで、WiMAX2+とau 4G LTE通信に対応しています。

下り最大708Mbpsの速度が出るので、現状販売されているWiMAXルーターの中では最も通信速度が早い機種になっています。

W04は、LTEオプションが使えるので、3年プランでも契約できますが、従来通り2年プランでも契約することができます。

2年プランは、LTEオプションを利用すると、1,005円の利用料金が必要ですが、使わなければ料金は必要ありません。

ある程度新しいルーターが欲しくて、LTEを利用しないという場合は、このW04がおすすめです。

WX04

WX04はNEC製のWiMAXルーターで、現在販売されているWiMAXルーターの中では最も新しい機種になります。

WX04はWiMAX2+とau 4G LTEの回線に対応していて、So-net WiMAXではLTEオプションが無料の3年プラン限定での販売になります。

3年プラン限定なので、いくら新しくても契約期間が長いのは…と感じる方は、W04の2年プランがおすすめです。

W04とWX04は、こちらの記事で詳しく比較しているので、参考にご覧ください。

L01

L01は、Huawei製のホームルーターで、固定回線の代わりとして使える端末です。

バッテリーを内臓していないので、外に持ち出してWiMAXの通信を利用することはできません。

WiMAX2+とau 4G LTEの回線に対応していて、こちらも2年プランとLTEオプションが無料の3年プランを選んで契約することができます。

ACアダプターから電源を取るので、場所は固定になるかと思いますが、デザインがよく、モバイルルーターよりもWiFiの届く電波が広いので、建物の隅々までWiFiの電波が届きます。

So-net WiMAXでは、L01も限定キャンペーンを行なっているので、WiMAXを固定回線の様に使いたいという方は、チェックしてみてください。

So-net WiMAXのL01限定キャンペーンをみる

So-net WiMAXのキャンペーン

So-net WiMAXは、過去にはキャッシュバックキャンペーンと、月額料金割引キャンペーンをどちらも展開していて、申し込む際にユーザーが選べるようになっていました。

しかし、現在ではキャッシュバックキャンペーンが無くなり、月額料金の割引キャンペーンのみを開催しています。

選べるキャンペーンにすると、ユーザーの反応がよく分かるので、受け取り手続きが面倒なキャッシュバックよりも、最初から月額料金が割引されている方が、申し込みが多かったのでしょう。

So-net WiMAXの月額割引キャンペーン

So-net WiMAXのキャンペーンは、7GBプランのFlatツープラス、Flatツープラス ギガ放題ともに月額料金を大幅に割引くキャンペーンです。

割引される料金は以下の様になっています。

  • 1 – 2ヶ月 : -2,199円
  • 3 – 24ヶ月 : – 1,399円
  • 25ヶ月以降 : – 500円 

金額を見ると、とても大幅な割引金額に見えますし、So-net WiMAXは、UQ WiMAXで契約した場合と比べて、毎月900円ほどお得に利用できるプロバイダではあります。

しかし、この割引金額には少し注意が必要で、割り引いている元々の月額料金がUQ WiMAXよりも300円ほど高く設定されています。

公式サイトで料金を見ると、割引額がとても大きく見えますが、実際には割引金額+300円くらいで考えておくと良いでしょう。

モバイルコース料金に注意

So-net WiMAXのキャンペーンは、月額料金が全てのプロバイダの中で最も安く設定されています。

それなのに、最もお得なプロバイダという訳ではありません。

その理由は、So-net WiMAXで契約して、会員になるとコース料金(月額200円)を支払う必要があるからです。

これは、料金プランに表示されている金額には含まれていないので、一見分かりにくいかもしれませんが、契約後はしっかりと+200円引き落としされています。

つまり、So-net WiMAXのキャンペーンによって割引された月額料金+200円が実際に支払う料金になります。

こうなると、同じく月額料金の安いBroad WiMAXの方が実際には安くなるので、So-net WiMAXで契約する場合は、その点を踏まえて申し込む必要があります。

 

So-net WiMAXのオプション

カペルスキーセキュリティ

So-net WiMAXで契約すると、カペルスキーというセキュリティソフトが、月額500円で利用できるというオプションが用意されています。

Windows・Mac・Androidに対応したセキュリティソフトで、最大5台まで同時に利用できるものなので、最大12ヶ月間無料で利用できる様になっています。

So-net WiMAXの申し込み時にしか、このオプションを選択できないので、セキュリティソフトが欲しいという方は、オプションとして付けておいても良いかもしれませんが、個人的には不要だと思います。

12ヶ月無料は魅力的ですが、解約をし忘れて毎月500円支払い続けるというのも不安ですし、同じ料金を出すなら他にもセキュリティソフトの選択しはあると思います。

安心サポート

So-net WiMAXの安心サポートは、インターネットやパソコンの疑問に対してオペレーターが答えてくれる、月額300円の有料オプションです。

こちらも、So-net WiMAXの新規申し込みと同時にオプションを付けると、最大12ヶ月間無料で利用することができます。

パソコンやインターネットに不慣れな方が、So-net WiMAXを利用するなら、加入しておいても良いでしょうが、不要だと感じたら無料期間中に忘れずに解約してしまうのがおすすめです。

ある程度インターネットやパソコンの知識がある場合は、最初から加入しないほうが加入忘れを防ぐことができます。

くらしのお守り

So-net くらしのお守りワイドは、インターネット接続機器の保証に加えて、鍵や水回り、窓ガラスの破損などに対応した、月額450円の有料オプションです。

このオプションも、So-net WiMAXでの新規申し込みと同時加入で、最大12ヶ月間無料になっています。

WiMAXの機器は、頻繁に取り出して利用する訳ではないので、個人的には保証は不要だと思っています。

そのほかのトラブルは、あくまで保険という考えで、備えあれば憂いなしなのかとも思いますが、それなら特にSo-netで加入する必要はないかなという印象です。

どのオプションも、最大12ヶ月間という無料期間が長いのが特徴ですが、無料だからといって加入しておいて、解約を忘れると、毎月の利用料が必要なので、オプションの内容をみて、利用しないかなと感じた方は、迷わず最初から加入しないことをおすすめします。

So-net WiMAXと他のプロバイダを比較

So-net WiMAXと、Broad WiMAXやGMOとくとくBBなどの主要なプロバイダを比較してみると、下の表の様になります。

プロバイダ 2年総額
(ギガ放題)
実質月額 キャンペーン 月額料金 事務手数料 機種代金
Broad WiMAX 80,083円 3,336円 18,875円
初期費用割引
3,411円 3,000円 0円
GMOとくとくBB 73,350円 3,056円 30,000円
キャッシュバック
4,263円 3,000円 0円
So-net 81,440円 3,393円 - 3,480円 3,000円 0円
Biglobe 80,550円 3,356円 13,000円
キャッシュバック
3,880円 3,000円 0円
UQ WiMAX 105,868円 4,411円 3,000円
商品券
4,380円 3,000円 2,800円

So-net WiMAXの料金を見ると、2年総額ではキャッシュバックのGMOとくとくBB月額料金ではBroad WiMAXの方が安くなっています。

So-net WiMAXで契約しても、決して損をするわけではありませんが、最安値ではないという事が分かります。

So-net WiMAXで契約するなら、旧機種限定でさらに月額料金を下げたキャンペーンを開催するタイミングに合った場合のみおすすめです。

So-net WiMAX契約前の注意点

So-net WiMAXは、月額料金がお得なプロバイダですが、申し込み前にはいくつか注意点があります。

2回目以降の申し込みではキャンペーンの適用外

So-net WiMAXの月額料金割引キャンペーンは、新規ユーザーなら確実に適用されますが、過去にSo-net WiMAXで契約したことのあるユーザーには、一部キャンペーンが適用されません。

そのため、せっかく月額料金をお得にしようと申し込んだのに、割引キャンペーンが適用されず、UQ WiMAXよりも高い料金を支払うことになってしまう場合があります。

So-net WiMAXを過去に利用したことのあるユーザーは、キャンペーンが適用されるかしっかり確認してから契約する様にしましょう。

モバイルコース会員費が必要

料金の解説でも少し触れましたが、So-net WiMAXには、WiMAXの月額料金とは別に、So-netのモバイルコース料金が別途200円必要です。

そのため、So-net WiMAXの公式ホームページで大きく記載されている月額料金は、全て+200円で考えなければいけません。

また、WiMAXの契約とSo-net モバイルコースの入荷いは別契約なので、WiMAX解約後にモバイルコースを退会しないと、ずっと200円を引き落とされ続けてしまうというデメリットもあります。

もちろん、しっかりと退会すれば問題ないですし、200円が加算されてもUQ WiMAXよりもお得なプロバイダである事は間違いないのですが、気になる方は別のプロバイダを選ぶのが良いでしょう。

口座振替が使えない

So-net WiMAXは、クレジットカードでの支払いにのみ対応していて、口座振替やデビットカードでの引き落としができません。

そのため、申し込み時には必ずクレジットカードを用意しておきましょう。

クレジットカードを持っていない場合は、新たに作るか、銀行口座に対応したWiMAXプロバイダを選ぶ様にしてください。

So-net WiMAXの申し込み方法

So-net WiMAXの申し込みは、公式ページから簡単に手続きが可能です。

  • 1. So-net モバイル WiMAX2+に申し込む
  • 2. 機器を選択する
  • 3. クレードルの有無を選ぶ
  • 4. 料金プランとコースを選ぶ
  • 5. 契約情報の入力

So-net WiMAXの申し込みに必要な項目は、たったこれだけです。

申し込み画面でオペレーターとチャットをすることもできるので、申し込みの手続きに迷う事はほぼないでしょう。

注意点としては、最新機種のWX04を選ぶと3年プランしか契約できないという点と、W04で2年プランを選びたいという場合も、2年プランが目立っていないので、見逃しやすいという点でしょうか。

いずれにしても、WiMAXを快適に利用できる様に、申し込み画面ではゆっくりと正確に情報を入力する様にしましょう。