SIMのテキスト

Huawei P20 P20 Lite P20 Proの違いは?3つの機種の特徴やスペックを比較する

2018年6月15日に発売されたHuaweiのP20・P20 Lite・P20 Proの3機種は、それぞれどれくらいの違いがあるのでしょうか?

前機種P10の人気から、今回のP20シリーズも人気の端末となる事が予想されるので、どの端末を買うのが正解か、特徴やスペックを比較したいと思います。

P20・Lite・Proの特徴とスペックを一覧で比較する

  Lite P20 Pro
参考価格 31,800円 69,800円 108,000円
ディスプレイ 5.8インチ 5.8インチ 6.1インチ
Android 8.0 8.1 8.1
CPU Kirin 659 2.36Ghz Kirin 970 2.36Ghz Kirin 970 2.40Ghz
RAM 4GB 4GB 6GB
内臓 32GB 128GB 128GB
バッテリー 3,000mAh 3,400mAh 3,900mAh
フロントカメラ 1,600万画素 2,400万画素 2,400万画素
メインカメラ 1,600万+200万画素 2,000万+1,200万画素
LEICA
4,000万+2,000万+800万画素
LEICA
重量 145g 165g 180g
Bluetooth 4.2
防水・防塵 IPX7・IPX6
カラー ブルー・ブラック・ピンク ブルー・ブラック・ピンク ブルー・ブラック
販売 SIMとのセット価格 SIMとのセット価格 Docomo限定

見た目には、ベゼルがほとんどなく、iPhone Xのように画面上にノッチがあるデザインで、3つの機種に大きな違いはありません。

しかし、CPUやメモリ、そしてカメラの画素数などスペック面では大きく違いがあります。

ただし、価格面で見ても相当な料金の違いがあるので、選ぶポイントはスペックかコストパフォーマンスかという所になりそうです。

また、P20 Proに関してはDocomoの独占販売なので、格安SIMでの運用を考えている方は、P20かP20 Liteのどちらかを選ぶ形になるでしょう。

AmazonでP20 Proの並行輸入品も販売されているので、どうしてもという方は、並行輸入品を購入するのもありですね。

とにかくコスパ重視ならP20 Liteがおすすめ

3つの端末の中で、コストパフォーマンスを重視するならP20 Liteがおすすめです。

3つの機種の中で、一番スペックが低いのですが、30,000円台のスマホと考えると十分なスペックを備えています。

何よりベゼルレスの最新デザインが、この価格で手に入るとなると、これまでの格安スマホがほとんどチープに見えてしまうでしょう。

大きく劣るのは、カメラ性能だけでCPUやメモリも十分ですし、OSもAndroid 8.0を搭載しているので、長く使えるのは間違いありません。

また、3つの端末の中で最軽量という点もおすすめなポイントの1つです。

唯一ホームボタンがないのも、P20 Liteだけなので、エントリーモデルとは思えないほど、すっきりとしたデザインになっています。

サブのスマホにするには少し勿体無いくらいのスペックなので、メインの端末としても十分に機能してくれるでしょう。

ミドルクラスで入手しやすいP20

P20 Liteでは、ちょっとカメラが物足りない…という方には、ミドルクラスのP20がおすすめです。

このクラスからはPシリーズの特徴であるLEICAレンズを搭載しているので、カメラ性能は飛躍的に上がります。

価格も倍くらいの値段になってしまいますが、P20は格安SIMとのセット販売されているので、分割払いで購入できるMVNOもあります。

Liteと比較すると少し重くはなりますが、CPUや内臓メモリの容量が増えてバッテリーの容量も増えています。

ホームボタンが設置されているのは好みが分かれるポイントですが、ベゼルレスデザインはやはり洗練された印象を与えてくれます。

Liteに比べると、価格は上がりますがLEICAのカメラを買ったと思えば、十分許容できる価格です。

MVNOで格安SIMとのセットを買えば、表示されている本体代金よりも20,000円以上安く購入することも可能です。

トリプルカメラと6.1インチディスプレイが特徴のP20 Pro

国内ではDocomo限定で販売されているP20 Proは、LEICA製のトリプルカメラを備え、6.1インチの大画面液晶を備えたフルスペックモデルです。

並行輸入だと、100,000円を超える価格で販売されているので、ハイエンドクラスの高級スマホと言えるでしょう。

3つの機種の中では、最重量ですがメモリは6GBも搭載し、内臓メモリも128GBの容量を持っています。

超高画質のカメラを3つも備えて、よほどのデジタルカメラでなければ、P20 Proのクオリティの写真は撮れないでしょう。

バッテリーも一番多く搭載しているので、長時間利用にも耐えられますし、まさに全てを備えたスマホです。

Docomo限定販売というのが非常に残念ですが、どうしてもP20 Proが欲しいという方は、Docomoで購入するか、少々高いですが並行輸入品を購入しましょう。

P20とLite・Proを比較したまとめ

3つの機種は同じHuawei Pシリーズですが、本体価格はそれぞれ大きく異なります。

基本的なスペックの面で見ると、正直どの機種でも利用にストレスは感じないくらい高機能です。

一番のポイントとしては、Lite → P20 → Pro とカメラの機能が格段に向上している点です。

特にP20とProのLEICAダブルレンズとトリプルレンズは、相当カメラへのこだわりが見えます。

Huawei Pシリーズの選び方としては、どこまでカメラ機能を求めるか?ということになりそうです。

通常使いなら、P20 Liteで全く問題がないので、カメラ機能にそこまでこだわりがないという方には、コストパフォーマンスに優れたP20 Liteがおすすめです。