SIMのテキスト

LINE専用の端末を持つならLINEモバイルのSIMがおすすめ

LINE専用のスマホやタブレットを持っていれば、携帯番号がなくてもLINEだけで通話やメッセージのやり取りができます。

最近ではLINEだけができれば、特に困らないといった人も多いのではないでしょうか?

LINE専用の端末は、メインとしてはもちろん、2台目としても良いですし、子供用のスマホをLINEだけできるものにするというのもおすすめです。

ここでは、そんなLINE専用機を作るための方法を解説していきます。

LINE専用端末に最適なLINEモバイル

LINE専用のスマホやタブレットを持つ方法はいくつかありますが、LINEが販売している格安SIMのLINEモバイルを使う方法がおすすめです。

LINEモバイルのSIMを使えば、月額500円からLINE専用の端末を持つことができます。

LINEモバイルがおすすめな理由

普通に契約したスマホやLINEモバイル以外の格安SIMでも、LINE専用として利用することはもちろん可能です。

しかし、LINEを利用するためには、SMS認証といって、必ず電話番号が必要になります。

そのため、電話番号がないデータ通信専用のSIMでは、LINEのアカウントを作ることができず、結局使わないのに、音声通話付きのSIMを作らなければいけないということになります。

その点、LINEモバイルでは、電話番号が付いていない、データ通信専用のSIM(月額500円)でも、SMS認証が不要でLINEのアカウントを作ることができます。

また、月額料金の安いプランでは、月に使えるパケット通信の容量が少ないので、少しWebサイトを見たり、地図を見たりするだけで、すぐに速度制限にかかってしまいますが、LINEモバイルは違います。

LINEモバイルは、LINEの音声通話・ビデオ通話・メッセージが無制限に利用できる、LINEフリーというサービスが標準でついているのがポイントです。

月額500円でも速度制限を気にすることなく、いくらでもLINE通話やメッセージのやり取りが可能です。

LINE専用の端末として使うなら、この月額500円のLINEフリープランで、十分満足できるのではないでしょうか。

LINE専用SIMの申し込みはLINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルでLINE専用端末を作る手順

LINEモバイルで、LINE専用端末を作るには、2通りの方法があります。

  • 手持ちのスマホやタブレットにLINEモバイルのSIMをセット
  • LINEモバイルでSIMと端末をセットで購入する

手持ちの端末にLINEモバイルのSIMをセットする場合

LINEモバイルは、Docomo回線を使ったSIMなので、現在Docomoで利用していたスマホが手元にあるなら、LINEモバイルでSIMカードを購入して、届いたSIMをセットするだけでOKです。

Docomo以外で利用していた端末しかなければ、SIMロック解除という手続きを、その端末を契約していたキャリアで行う必要があります。

SIMロック解除は、どのSIMを入れても通信ができるように、端末をSIMフリー化する手続きですが、古いスマホやタブレットでは、SIMロック解除に対応していない場合があるので、注意が必要です。

一度契約していたキャリアに問い合わせてみるのが良いでしょう。

LINEモバイルで端末とSIMをセットで購入する

手元に端末がない場合や、持っていてもSIMロック解除ができないという場合は、LINEモバイル公式サイトで、SIMカードと端末をセットで購入することができます。

実はこの方法が一番簡単なので、格安SIMに慣れていない場合は、おすすめです。

LINEモバイルでSIMと端末をセットで購入すると、LINEモバイル側でSIMカードをセットし、設定を済ませてから届けてくれることになっています。

そのため、手元に端末が届いたら、すぐにLINE専用機として利用を始めることができます。

端末セットは、スマホ本体の分割払いにも対応しているので、初期費用をできるだけかけたくないという場合でも安心です。

人気のHuawei nova liteやVaio Phone Aなら、端末代金が安く、LINE専用端末としては十分すぎるスペックを持っているので、おすすめです。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは、電話番号なしでLINEが使い放題のLINEフリープランと、電話番号がついて、LINEと他のSNSも使い放題のコミュニケーションフリープランがあります。

LINE専用端末なら、LINEフリープランで十分使えますが、もう少しデータ通信量を増やしたい場合や、一応電話番号もつけておきたいという場合は、コミュニケーションフリープランを選ぶと良いでしょう。

  LINEフリー コミュニケーションフリー
月額料金 500円 1,100円
SMS +120円 0円
音声通話 +700円 +580円
データ通信 1GB 3GB〜10GB
使い放題 LINEの全て LINE・Twitter・Facebook・Instagram

LINEモバイルの料金表を見ると、LINEフリープランで、SMSや音声通話を付けなければ、月額500円でLINE専用端末を持つことができるのが分かります。

1台500円なら、2台目に持っても、子供用に持たせても金銭的な負担はほとんどありません。

データ通信専用のSIMというだけなら、他の格安SIMでも同じくらいの料金で提供されていますが、認証不要でLINEに登録できて、LINE関連の通信が全て使い放題という点では、全くLINEモバイルには及びません。

LINEモバイルは、LINEから提供されているサービスなので、LINEの利用に有利なのは当たり前ですが、この料金でLINE専用端末を作れるというのは、LINEモバイルが登場するまでは考えられない事でしたね。

LINEモバイル以外のMVNOでLINE専用端末を作る

LINE専用端末を作るのは、LINEモバイルのSIMを使うのが最も月額料金が安く、おすすめな方法なのですが、もちろん他のMVNOでもLINE専用端末にする事ができます。

LINEモバイル以外のMVNOで、LINE専用機を作った場合の料金を見てみましょう。

DMMモバイルの場合

DMMモバイルは、SNSのデータ通信が無制限になるオプションがあり、その中にLINEも含まれています。

SMS認証のため、通話SIMにする必要があるので、通話SIMとSNSの通信がフリーになるオプションを付けると、LINEモバイルのSIMを使った場合とほぼ同じ感覚で利用する事ができます。

ただし、DMMモバイルのSNSフリーオプションを利用するには、データ通信量が3GB以上のプランで契約する必要があるので、料金は以下のようになります。

  • 通話対応SIMプラン3GB : 1,500円
  • SNSフリー : 250円

合計は1,750円なので、LINEモバイルの音声通話付きコミュニケーションフリープランより、70円だけ高い料金になります。

サービス内容はほぼ同じなので、音声通話付きで検討している場合は、DMMモバイルも十分選択肢に入ってきます。

ただ、音声通話は必要なく、ただただLINEだけが使えれば良いという方には、やはりLINEモバイルのLINEフリープランなら、月額500円で運用できるので、やはりLINEモバイルを選ぶのがおすすめです。

LINE専用端末のまとめ

LINE専用端末は、LINEモバイルのLINEフリープランであれば、月額500円で運用する事ができます。

SMS認証が不要でLINEに登録できる唯一のMVNOがLINEモバイルなので、最も簡単で安いのは、Docomoの回線に対応した手持ちのスマホ、もしくは購入したスマホにLINEモバイルのSIMを挿して利用する事です。

他の格安SIMでも、電話番号が付いていないデータSIMにして、SMSオプションさえ付ければLINEに登録することはできますが、月額料金が安いプランだと、すぐに通信が上限になり速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかってしまうと、LINEメッセージ程度なら問題ないでしょうが、LINE通話は確実にできなくなってしまいます。

DMMモバイルなら、SNSがカウントフリーになるオプションがありますが、やはりLINEモバイルに比べると、月額料金が高くなってしまいます。

LINEだけができるスマホ、タブレットが欲しいという方は、LINEモバイルのLINEフリープランでSIMを購入するのがおすすめです。